Home > Yuta's Poiblog > 写真 > アルバム > 【レポート】 えびの口蹄疫復興イベント 焼肉スタジアム 2011

【レポート】 えびの口蹄疫復興イベント 焼肉スタジアム 2011

| コメントする | カテゴリー:, , | タグ:,

2010年に発生した口蹄疫の復興イベントとして昨年夏、初めて地元の農協や商工会など、各青年団が終結して開催された「焼肉スタジアム」。

そのときに農協で働いている、小林高校の野球部の先輩、竹中さんからパフォーマンスの依頼が来て王子原球状でファイアーポイパフォーマンスを行いました。
今年も同時期に焼肉スタジアムが場所を国際交流センターに移して開催されました。

ちょうどその前後でヨーロッパ遠征だったり、ポイのイベントの準備でバタバタしていてレポートを書けずにいたので今回遅くなりましたが書きたいと思います。。

まず国際交流センターについて驚いたのはそのものすごい光景!

一面ブルーシートでみんな焼肉!そして焼肉の煙がたちこめ、まるで幻想的な朝靄のように見えました(笑)

1年前の焼肉スタジアムではウクライナでの食事が原因と思われる強烈な腹痛で死にかけていたときにパフォーマンスを行い、また7月の花火大会のときも背中に違和感を持った状態であまり良いコンディションではありませんでしたが、今回は時差はあるもののスイスでの一週間のヨガ&ポイ合宿で体調はすこぶる良くて、かなり良いコンディションでした。

最後の時間でパフォーマンスをさせていただき、コンタクトジャグリング~ポイの流れでした。

結果どちらも好評で、

「京町の花火大会のときよりパワーアップしてたね」
「こないだより体のキレがすごかった」

と言われました。つまり前回のときは自分の体調管理が良くなかった、ということで反省しました・・・。

パフォーマンス後、長くあっていなかった地元の同級生や、先輩たちにもあい、

「いつのまにこんなすげ~のを覚えたっけ?頑張ってよ、またやるときは見にくっで!」

と応援されました。地元のみんなに喜んでもらえて、友達に応援されて凄く嬉しい気持ちと、ここまで8年、ポイをいろんなところで披露してきたけど、自分の生まれ育った地元での活動がまだまだ足りていないんだなぁ、と実感しました。

パフォーマンス後、すぐにスタジアムは終了し、みんなが片付ける中自分もファイアーの後始末をし、挨拶をし帰宅しました。
去年は半死状態から無理やり復活してのパフォーマンスだったのですぐ帰宅したけど、今回は元気。
そして自分は地元で活躍している青年団のみなさんとなかなか話をする機会もない。ということに気づいて、

「いやかえってのんびりしてる場合じゃないやろ」

と思い、ファイアー荷物を片付けてすぐ竹中さんに電話したら

「もう片付けは終わったから京町の打ち上げくるけ?」

と言われたので、体の灯油汚れを洗い流してすぐ京町へ。

思えば自分は地元のために何かしたいと言ってはいるものの、実に受身で、これまであったパフォーマンスの機会からのつながりを積極的に広げていこうとしていなかった!

「なんてことだ!」

と、思ったけど、それに気づけてよかった。

打ち上げに行くと焼肉スタジアムに参加した実行委員の青年団のみなさんがいて、焼肉スタジアムについていろいろ話を聞くことができました。

焼肉スタジアムはえびの市青年連絡会議、という地元の若ものが中心となって運営しており、えびのにはJAや商工会など4つ(だったと思う)の青年団があり、それぞれが個別に活動していたのが口蹄疫をきっかけに一緒に活動をするようになったこと。
そしてせっかく一緒に活動ができるようになったから、今後力を合わせてえびのを盛り上げて行きたいということ。
えびのには面白いことがない、出来ない、だから外に出て行くわかもん。それを逆にえびのに面白いことをつくってえびのを魅力のある街にしたい、という思いがあること。
そんな中で地元出身で活躍しているポイダンサーはえびのにとっても凄く良い刺激を与えてくれる、と多くの人が自分の活動を応援してくれていること。

自分はどこにいてもえびの出身であることがずっと根っこにつながっているし、いつかはえびのをもっと魅力的な街にしたいと思っているけど、直接的な活動をしていないからこうやって地元のために活動しているみんなを見ると申し訳ない気持ちがあった。
でも先輩が

「俺らはえびので頑張るけど、お前は外で活躍してくれればそれがえびのにとってもプラスになるんだから頑張れ」

と言ってくれたことは本当に嬉しかった。

この打ち上げに参加してホント良かった!俺は今やっていることをもっと頑張れば、それをえびのに持ち帰ることができる、そしてえびのを知ってもらう広告塔の役目もかねることが出来る!

頑張るぞ!

と思って、結局今までレポートをかけなかったので反省・・・

とにかく、えびののわけもんとして、えびののわけもんの最前線とかかわることができて本当に嬉しいです。
自分の周りの近い友人から青年団とかの話を聞くことは全然ないので、是非みんなにも興味を持ってほしいし、そのために今の青年団の活動を知らない同年台の仲間に発信する方法を確立してほしい。

あ、その辺を手伝えばいいのか。

うん、レポート書くのをがんばります!

▽ MAIKAの皆さん制作の動画発見!

えびの、宮崎のうんまかもん

宮崎県 明石酒造 【芋焼酎】 えびの こだわり720ml宮崎県 明石酒造 【芋焼酎】 黒明月 25度 1800ml

記事を書くのに使用している機材たち

ソニーストア

KissX4 Slikミニ三脚

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poicommunity.com/mt5/mt-tb.cgi/6496

poiclock app

Google Translate

About Yuta

  • Yuta
  • 宮崎県えびの生まれ
  • 1982/4/16

2003年オーストラリアでポイと出会って以来ポイの道を突き進むポイスピナー。国内外でポイパフォーマンス活動、普及活動を続けています。

>詳しくはこちらをクリック!

最近のコメント