Home > Yuta's Poiblog > カメラ > レンズ > その他 Canon > カメラ購入を考えている人へ その3 レンズの見方

カメラ購入を考えている人へ その3 レンズの見方

| コメントする | カテゴリー:, | タグ:

今回は一眼レフカメラの一番の特徴、交換可能なレンズについてです。

初めて一眼レフを購入するときに良くレンズの話は聴くけどあまり意味がわかりません。
でもその意味が分かると何で一眼レフがあんなに綺麗な写真になるか、なんで普通と違う写真になるのかが分かります。

では例としてキットレンズの標準ズームレンズについて

EF-S18-55mm F3.5-5.jpg

EF-SとかISは各メーカーによってその意味するところが違うので、どのレンズでも共通のmm,Fについて解説します。

焦点距離 (18 - 55mm)

これはレンズの焦点距離をあらわします。
この数値が大きくなるほど遠くの被写体を大きく捉えられ(望遠)、小さくなるほど広い画角で撮影できます(広角)。

二つ数字がありますが、これは一番ひいた状態で18mm、一番ズームにした常態で55mmということです。

※数字はセンサーのサイズが違うと撮影できる写真のサイズが変わります。フルサイズで撮るとより広角に、Aps-Cでとるとより望遠になります。

井の頭ポイ2009年7月
18mm

喜界島合宿3日目
170mm

喜界島合宿1日目
250mm

F値 レンズの明るさ (F3.5 - 5.6)

絞り値のことで、この数値が小さいほど明るいレンズ(大口径レンズ)であることを示します。明るいレンズには「ファインダーが明るく見やすい」「絞り開放時のボケが大きい」「シャッタースピードを上げられる」などさまざまなメリットがあります。

※海外では明るいレンズ、と言わず速いレンズ(Fast Lens)と言います。速いシャッタースピードでも写真が撮れるからという意味のようです。

※レンズの口径を焦点距離で割った数値の逆数のことをF値と言います。

例に挙げた標準レンズの場合は一番広角側でF3.5が最小、望遠側でF5.6が最小の値になります。

F値 被写界深度

被写界深度とはピントが合って見える範囲のことをいいます。

背景がぼけたような写真はピントが合って見える範囲が狭いので被写界深度が浅いと言います。逆に風景写真のように全体にピントがあったような写真は被写界深度が深いといいます。

F値(絞り)を開放すれば背景がぼけた写真がとれます。

F値(絞り)を絞れば全体にピントが合います。

F6 広い範囲にピントがあっている。

F 2.8 後ろがぼけています。
また明るいからシャッタースピードが早く、poiが止まって見えます。 1/800

F2.0 たこにピントがあって後ろがぼけてます。
明るいレンズなので日没後でも綺麗に撮れます。 

Ft

これで一眼レフのレンズを見てなんとなくどんなレンズかが想像できるようになると思います。

F値が2.8よりも小さいものはズームの出来ない、単焦点レンズといわれるもので明るく、美しい写真が撮れる代わりにズームが出来ません。一長一短があるのでレンズがどんどんほしくなってしまいます・・・

 

オススメの参考書

記事を書くのに使用している機材たち

ソニーストア

KissX4 Slikミニ三脚

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://poicommunity.com/mt5/mt-tb.cgi/2759

poiclock app

Google Translate

About Yuta

  • Yuta
  • 宮崎県えびの生まれ
  • 1982/4/16

2003年オーストラリアでポイと出会って以来ポイの道を突き進むポイスピナー。国内外でポイパフォーマンス活動、普及活動を続けています。

>詳しくはこちらをクリック!

最近のコメント