Home > 2007 > 1月

2007年1月アーカイブ

2011
2月1日にあるダンスの舞台につかささんとLuukaさんとでるんですが、 その練習を11月くらいから毎週末やってます。 相変わらずギクシャクして笑えますが、前よりは良くなってきたと思います。


で、先日練習の後、つかささんがダンスのクラスをやるから一緒に受けないか?
といってくれたので、受けました。


いや〜バレエって絶対姿勢が良くなる。
で、バランス感覚も良くなる。


何気ない動作でもカッコいいのは、
長年積み上げてきたバレエの歴史を集中して
クラスで学ぶから。


その動きを吸収していかんとなぁ。
長い手を生かせるように。


で話は全然変わってしまうけれど、
つかささんは今一戸建てで一階を稽古場に、2回を居住すページに、
出来るような物件を探してるそうです。

そして自宅でレッスンを開いて、自分の稽古も出来て、
というライフスタイルをする予定だそうです。


って話を聞いて、

俺もそうしたい!
と思いました。


やっぱり定期的なレッスンを開くことがポイの発展には必要だし、
自分の練習がどんな天気でもいつでも出来る環境を持てると最高!

そうしたら今よりももっと「ポイ」も自分も軌道に乗れそうだ。
もちろん、稽古場でポイ以外にも、友達にダンスとかヨガとか、いろんな
ワークショップを開いてもらえるようにしたら、
自分のスタジオから新しい生活・文化を発信できると思う。


海外からポイや他のアーティストが来ても、
いつでも自宅で新しいことに挑戦ができる。


レッスンの後は2回のポイカフェで、
コーヒー・焼酎飲んで待ったりしてかえる。

なんか料理も出せるようにしたほうがいいなぁ

そんなの絶対楽しいだろうなぁ。

多分Nickが描いていた日々と似ているけど、
スタジオを借りるのよりは、
失敗の可能性はなさそうだから、ちょっとずつリサーチしていこうと思ってます。


もとにもどって、
2月1日、もう目の前。
頑張るので、時間が会いそうな方は是非ミニ来てください。

他にも5組コンテンポラリーのダンスが見れます。
http://poicommunity.com/event/20060201fswvol3.html

とても遅くなったけど、 2006年1月5日にブログで掲げた目標を振り返ってみた。 今年については後で既述する。

>1.ポイを全国的に流行させる。
>地道な活動を続ける。教室、練習会、それぞれの質を上げられるように常に向上心を持つ。

地道な活動は続けた。
だけど、いつも次のことしか見ることが出来ていない。
長期的な目で見ること、そのために必要なことを知ること。
それが必要だと思う。

>2.ポイを他のアートと肩を並べられるくらいに進化させる。その成果を映像作品として仕上げる。
>ダンス的要素を磨く。ポイで使えるフットワークをもっと追求する。ダンサーとのイベント等で沢山学ぶ。

6月の白いトラでたくさんの刺激を受けた。大変だったけれど、普通にポイをやっているだけでは
学ぶことの出来ないものをたくさん見ることが出来た。
ダンサーとしての視点からポイを意見してもらうことが出来た。
これから、ダンスとしてのポイを成長させるために、「軌跡+体の流れ」
を強く意識したコンビネーションを考える必要がある。

>3.ポイコミュニティ完全リニューアル
>見やすく、見た人を楽しませることのできる作り。レッスン部分をもっと作り込む。更新をしやすいシステムを作る=ウェブ系の勉強

ギリギリになって完全リニューアルできた。
3月の頃にCSSの勉強を始めて、それっぽく作った。
で地道に更新続けて、urbの掲載をきっかけに、
もうちょっと踏み込んで作ることが出来た。
あとは画像・イラストを綺麗に使いこなせるように。

本当はmovable typeを勉強して、web2.0(?)的なページにしたいけれど、
それは今のところ優先すべき課題ではない。

>4.Nick&YutaビデオをつくってDervishly Yersをこえる。
>ポイをやる人の八割が知っていると思われるNickのビデオを越えるビデオを一緒に作る。

できなかった。撮影はしたけれど。ニックが来たのにうまく時間を作れず申し訳なかった。
3月ポイキャンプで再度挑戦したい。

>5.ポイを解体し、世界最高の教則ビデオを世界基準でつくる。
>解説だけではなく、見やすい画面構成、チャプターの振り分け、聞き取りやすい声、楽しめる内容。ポイはもちろんそれ以外の事もしっかり作り込む。

できなかった。時間を費やすことが出来なかった。
少しずつ、小さな積み重ねが大切。毎日1ページでも、how to playを作成して、最終的にDVDを作るための理論体系や教える内容を整頓する。


>6.マイクパフォーマンス力を身につける。
>実際に耳にする言葉の力は大きい。その言葉を磨く。しゃべることもまずは準備して奧必要があるのかも。繰り返す内に自分のしゃべりができる(はず)

できなかった。吉祥寺おテレビでもあまりしゃべれなかった。
普段の会話から。もっとしっかり話すクセをつける。

>7.ポイ教室の室の向上。方向性を見いだす。
>価値のある教室を。何の為の教室か?どんな教室にしたいのか?もう一度しっかり問い直す。

できなかった。まだ定期的な教室をするには需要が無いのかも。
それは同時に自分の活動や教室の内容が足りていないのもある。
しっかりと将来を考え、機会があればUSAのポイ教室を訪ねてあるく。

「実家」
>1.ホームページを完成させる。運営方法、更新方法の確立を含め。
>一年の間に知識を蓄え技術を付ける。ウェブ運営も酒の知識も

完成は無かった。作れば作るほど次はあるし、終わりはない。
一応は形が出来ているけれど、先を見据えた今にはなっていない。
楽天の運営方法は知ることができたが、1年間いる価値の無い仕事だった。

お酒はいろいろ飲んで、味は勉強中。


>3.地元のお客さん+県外からのお客さんの両方にとって魅力のある店にする。
>今ある地元のニーズにあったお店の姿に、俺ら兄妹の支点から新しい要素を足していく

あまり実店舗には参加できなかった。
まず倉庫の片付けからだ・・

>4.酒の味の表現方法の強化
>いっぱい飲んで、いっぱい表現する

結構飲んでます。

>5.お客さんとのコミュニケーション力
>普段からもっともっと話すようにする

話せていない。身近な人に言葉で表現することを意識する必要がある。


>最終目標は「打倒!ブログ王真鍋かをり!」

今はしょこたんがブログ界を治めていると聞きました。


以上、昨年進んだ道の方向性は悪くなかったと思う。
ただ、本当に真剣に自分と向き合って毎日を生きていれば、
もっと成長を実感できたはず。

進む方向と、そこへ向かう理由を知り、
今を生きることが2007年の課題。

ずーっといろいろ考えてました。 最終的に、この二つ。 ◎1 ポイを日本に広める ◎2 自身の表現力を高める 他にいくつもいくつも浮かび上がる目標や課題や不安は, 全てこの二つのどちらかに当てはまる。 この二つを軸行動を選び、 高めていくこと。 でも、これでは明確な目標とはいえない。 具体的な値を設定
ポイではなく、自分のための目標のメモ。 考えても考えてもまとまらず・・

◎ 目の前にいる人の話を聞き・理解し・話す。
  相手を知る、相手から学ぶ姿勢・自分を表現する姿勢を持つ。

◎ 先の目標を明確にした上で、今を大切にする。
  目標が明確になれば、今するべきことが明確になる。
  次のこと、違うことに目を奪われず、今の時間を大切に出来る。


◎ 朝、完全に自分のための時間を作る。

ポイでも仕事でもない、自分と向き合う時間を作る。
オーストラリアでは毎日あった時間がなくなっている。
だから落ちつかないのかもしれない。


一度に複数のことをできるようになるためには?
今、一つのことしか出来ない。
2つ以上のことが同時に進行すると、
まとまりがつかずに、どれもこれもうまく行かなくなる(なっているきがする)

Google Translate

About Yuta

  • Yuta
  • 宮崎県えびの生まれ
  • 1982/4/16

2003年オーストラリアでポイと出会って以来ポイの道を突き進むポイスピナー。国内外でポイパフォーマンス活動、普及活動を続けています。

>詳しくはこちらをクリック!

最近のコメント