ヒップミル

解説

ここでは時計回しで右側のヒップミルを行います。
この場合、横を向くとフォワードスピンになるので、フォワード側のヒップミルともいえます。

片手ずつ

  1. 右手を左肩におきます。
  2. 左手を右手の下の方から右腰の横へ通し、フロントとBTBを1回転ずつまわします。
    このとき、面が斜めに向かないように気をつけます。また、多少居心地は悪いかもしれませんが体は正面を向いています。きついときは体ごと少し捻ってあげると回しやすくなります。
  3. 右手で時計回しのリールの練習をします。
  4. 両手で回します。常に右手が上、左手が下の状態です。

※この動きは2ビートで、常に体の前を通る手が下に入ります。体の前を通る手が上にある場合はショルダーリールになります。

英語で文が書かれている場合、ここをクリックするとgoogle日本語翻訳にジャンプできます。

翻訳

関連アイテム
comments powered by Disqus