バタフライ

解説

どちらかの手が少しだけ上になっています。つまり、右手が上の場合、左手が上の場合の2種類あります。

手はくっつくところまでで、それ以上先の交差した状態でバタフライをすると非常に難しいです。

英語で文が書かれている場合、ここをクリックするとgoogle日本語翻訳にジャンプできます。

翻訳

関連アイテム
comments powered by Disqus