Home > HELP > 火の安全管理について > 絶対にやってはいけないこと

絶対にやってはいけないこと

ファイアーパフォーマンスで失敗すると、自分だけではなく周囲のお客さんにも危険が及びます。また一人の不注意がもとで他のパフォーマーに多大な迷惑がかかることもあります。

以下のことは絶対にしないように気をつけましょう。

燃料にガソリンを使う

ガソリンは揮発性が高く、大爆発を起こします。絶対に使用しないようにしましょう。詳しくは燃料についての項目をご覧下さい。

火吹き

燃料を口に含むと多かれ少なかれ体に害を及ぼします。また火吹きをするときに誤って息を吸い込むと肺が焼けて重体または死亡する可能性があります。プロのパフォーマーの人も自らの寿命を削って行う火吹きパフォーマンス。興味本位で行うことは絶対にやめましょう。世界的に見てもファイアーパフォーマンス界のイベントで火吹きは禁止されることが増えています。

泥酔状態でのファイアーパフォーマンス

飲酒をして火を扱うことは飲酒運転と同じくらい危険な行為です。特に公共の場での飲酒ファイアーは万が一事故を起こしたり、悪意をもった情報メディアに放映されるとあなただけではなく、一生懸命に活動を行う他のパフォーマーにも迷惑がかかります。絶対にやめて下さい。

その他注意事項はたくさんありますので安全管理についての項目に目を通しておきましょう。

コメントする